自分の性格に悩んでる方へ

おもしろタノシズムって何?という方はこちらへどうぞ。

僕は子供の頃、やんちゃなグループと勉強ができるグループの両方と付き合いがあり、それが当たり前だと思ってました。

ただ、それぞれのグループの友達から「なんであいつらと一緒に遊ぶの?」と聞かれて困ったことも一度や二度ではありません。

高校・大学生になってもその性格は変わらず、八方美人な自分が嫌になったり、蝙蝠やみにくいアヒルの子じゃないかと悩んだこともあります。

社会人になってから、マネージャーや営業や現場監督などの仕事を転々としてきましたが、どれもそれなりにはできるけど…という器用貧乏ぶり。

起業して、ほぼ未経験だったデザインの仕事を始めてから、自分の(欠点だと思っていた)性格が、実は役に立つということに気づき、そこから人のタイプに興味を持つようになりました。

ここ数年は、デザインの仕事のとき、クライアントさんのタイプに合わせた提案をすることで成果につながりやすくなったと感じています。

例えば、ターゲットやペルソナを設定したりベネフィットを打ち出したりするという「やり方」が向いてるタイプと向いてないタイプがあり、向いてない人には別のやり方を提案するといった具合。

そんな僕のタイプ研究?を「自分の傾向と対策」として約5,000文字の記事にまとめてみました。

悩んでいた僕が楽になった理由についても詳しく解説しています。

自分の傾向を知って対策を考えることは、ビジネスや人生を楽しむために有効なので読んでいただけるとハッピーです。

「自分の傾向と対策」に興味のある方は↓から申し込んでください。
(お名前とメールアドレスを入力していただくと記事のリンクを記載したメールが届きます。今後、メールで更新情報や最新の事例などをお送りする予定です)
↓↓↓↓↓

面白いと思ったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

田井祥文のアバター 田井祥文 おもしろタノシスト

オモシロタノシズム研究家。
面白楽しく生きるためのコツについて研究中。
メンドクサガリとナマケモノのハイブリッド。
人見知りですが話すとなぜか元気になると言われます。

目次