好きなことを仕事にするということ

おもしろタノシズムって何?という方はこちらへどうぞ。

おもしろタノシストの田井祥文です。

好きなことを
仕事にするとうまくいく。

好きなことは
仕事にしないほうがいい。

相反する意見があります。

好きなことだと
やり続けられるから
成功しやすくなる

というのもわかるし

好きなことが
義務になると続かないから
止めとくほうがいい

というのもわかります。

僕は
ひょんなことから
デザインの仕事を始めて

憧れてたことを仕事にできた!

と喜んでたけど

途中から
デザインを形にすること自体
(それほど)楽しいと思えなくなり
しかも
それほど才能がないと気づいたので
デザイナーを雇うようになりました。

それでもなんだかんだで
デザインの仕事を
30年以上続けられているのは

抽象度を上げることで

好きなことの奥にある
執着や衝動に気づいたから。

それは
デザインの仕事の中でも
上流工程が得意で大好きということ。

なので

好きなことを
仕事にするしないよりも

大事なのは

好きなことを
表面的に捉えずに
本質を観ることだと
考えるようになりました。

ちなみに

好きなことは
具体的な職業とか
スキルみたいなことよりも

ついやってしまうことのなかに
ヒントがあったりします。

このブログが面白いと思った方は
SNSで拡散したり友だちにLINEしたり
URLをメールやメッセンジャーにコピペして
送っもらえるとうれしいです。
↓のボタンでシェアしてください!

面白いと思ったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

田井祥文のアバター 田井祥文 おもしろタノシスト

オモシロタノシズム研究家。
面白楽しく生きるためのコツについて研究中。
メンドクサガリとナマケモノのハイブリッド。
人見知りですが話すとなぜか元気になると言われます。

目次